ナスの育て方

ナスの育て方

夏の家庭菜園といえば、ナスもおすすめですよ。

うまく手入れをすれば、秋茄子まで長く楽しめますよ。
まずは試しに、プランターに2株ほど植えてみてください。


 

R0016781_ナス苗_長ナスと水ナス_20090419.jpgナスは苗から育てるのがおすすめです。
収穫適期に間に合うように種まきするには、適切な温度管理と長い育苗期間が必要です。

写真の苗は長ナスと水ナスです。


R0016785_ナス苗の植え付け_20090419.jpg5月~6月に、なるべく深めのプランターに植えましょう。

秋茄子まで楽しみたいなら必須ですよ!

ナス科の植物は連作障害がかなりきついので、土は新しいものを使うようにしましょう。
支柱も立てておきましょうね。


DSC05054_長ナス.jpgナスの花芽です。

ナスは結構小さいうちから花芽をつけます。


DSC05197_ナスのつぼみ.jpgナスのつぼみです。



DSC06694_ナスの花_20080815.jpgそして、こんな花が咲きます。



R0010372_秋茄子の子供.jpgうまく受粉できれば、こんな小さな実が見えてきますよ。



R0017809_長ナスの3本仕立て_20090520.jpgなすが生長すると、脇芽が沢山生えてきます。

1番花が咲き終わる頃にはその直下の2つの脇芽が伸びて育ち、自然と3本仕立ての形ができてきます。
それより下の脇芽は、全て摘んでしまいます。


R0017809_長ナスの3本仕立て_20090520_説明入.jpg落書きしてみました。

主枝は真上に伸びて、一番花の下の葉脇から一つ目の側枝、一番花の脇から二つ目の側枝が生えて、左右に伸びています。

それぞれの枝に、既に沢山のつぼみも見えてきてます。
それらに栄養をまわすために、最初の花は実が大きくなる前に摘んでおきます。


R0010146_ナスの幼果_20080823.jpg小さな幼果です。

かわいいですねー。



DSC06373_長ナス.jpgそして、こんなナスになります。

実が10cmほどになったら、小さめのうちに収穫してください。

売り物の茄子のようにもっと大きくなってから...、と思っていると株が疲れて収量が少なくなってしまいますよ。若採りが基本です!


DSC06415_ナス輪切り.jpg採りたてのなすを輪切りにしてみます。

すると、こんなに緑色なんですよ! ご存知でしたか?

私は、びっくりしました。


DSC06422_ナスの醤油炒め.jpg採れたてなすのしょうゆ炒めです。

ただ醤油だけで炒めてもうますぎなんです!

ちょっとナンプラーを加えても美味しいですよ。


R0010206_ナスの種.jpg実が熟すと、こんな種ができます。

翌年まけば苗が育ちますが、最初に書いたように発芽と育苗の管理はなかなか難しいので苗からの栽培をおすすめします。


8月になったら、切り戻しをします。
全ての枝を3分の1程の長さにばっさりと切ってください。
そうする事によってしばらく実はなりませんが、秋になったら増えた枝数の分だけ沢山の秋茄子を楽しむことができます。

もう一度言いますが、絶対に枝を切ってくださいね!

楽天市場でナスを探す...

【最新情報】
ナス (タグ別アーカイブ) - Kochan's ベランダ菜園BLOG




「役に立った!」と思われた方は、ぜひクリックをお願いします。
にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ


ブログをお持ちの方、トラックバックで相互リンクしませんか?
この記事を参考に育てた野菜などの記事から、下記のURLへトラックバックしてください。
※この記事への参照リンクがない場合、トラックバックは反映されません。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kochan.com/mt/mt-tb.cgi/31

コメント(7)

今年初めてきゅうりとなすを植えてみましたが、黒い粒粒のようなものが葉と花の一面についてしまいます。これは失敗ですか?新しく植えなおしたほうがいいでしょうか?

sawamura.mactikoさん、コメントありがとうございます。
黒いつぶつぶは動きますか? 大きさはどれくらいでしょうか? 写真などありますか?
葉を揺らしたり、触れたりしてゆっくり動くようであれば、アブラムシかもしれません。
増えすぎないうちに、見つけるたびに指でつぶすか、ガムテープでとる、水で洗い流すなどこまめに駆除しましょう。
動かない場合は、アオムシなどの糞かもしれません。糞が多い場所の付近をよく調べて駆除してください。ヨトウムシの場合は、夜に探すと見つけやすいです。
葉がなくなってしまったり、アブラムシ媒介のウィルス病であるモザイク病などがでてしまっている場合は、抜き取り廃棄し植えなおしたほうがいいかもしれませんが、まだ葉や花が元気で育っているようであれば駆除をがんばりましょう。

受粉はどうすればいいですか?

受粉はどうすればいいですか?
教えて下さい
お願いしますm(..)m

yyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyさん、コメントありがとうございます。
人工授粉は、細い筆や綿棒でおしべをなでてからめしべをなでてやるのが一番確実ですが、軽く枝を揺らしてやって振動で受粉させることも可能です。
栄養や気温が十分であれば、人工授粉をしなくても自然と受粉してくれることも多いと思います。
栄養不足だと、咲いた花のめしべが成熟しきれず短く、実がつきにくくなります。
うまく受粉ができて、たくさん実ってくれるといいですね。

ありがとうございます
がんばります

Really enjoyed reading ur blog. keedggfebkdfaddf

コメントする

このサイトについて

ベランダでの家庭菜園にオススメな野菜やハーブの種蒔きから収穫、開花、採種までを、まとめて写真付きで紹介していきます。

ぱっと見で育て方や家庭菜園の楽しさを感じていただけるようにするのが目標です。

我がベランダ菜園の最新情報はベランダ菜園BLOGで紹介しています。

このブログ記事について

このページは、Kochanが2009年4月26日 10:54に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ミニトマトの育て方」です。

次のブログ記事は「里芋の育て方」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

最近のコメント



Powered by Movable Type 4.25