ベランダ菜園の梅雨対策

ベランダ菜園の梅雨対策

アジサイが美しい季節になりましたね。
しかし、ベランダ菜園には過酷な季節でもあります。
じめじめとした高温多湿に負けない対策をとりましょう。


 

R0014431_芽キャベツとブロッコリーを腐葉土マルチング.jpgまず、根腐れ防止のため水のやりすぎに注意です。水やりの基本は、乾いてからたっぷりとやることです。また、下葉や枯葉を取り除き、風通しをよくしましょう。
アブラムシ、ナメクジ等の虫や病気、雑草の勢いも増しますので、見つけ次第対策を行いましょう。
トマト、ナス、キュウリ、イチゴなど花や実に雨や泥水が当たるのが苦手な植物も多いです。雨が降りこみにくい軒下に移動し、泥の跳ね返りを防止する為に腐葉土やバークチップ、バーミキュライトなどでマルチングを行いましょう。
また、ベランダのごみや土汚れを掃除して排水口がつまらないようにしましょう。


DSC05461_ラベンダー乾燥.jpgラベンダー、ローズマリー、セージ、タイムなどほとんどのハーブは過湿が苦手です。風通しをよくする為に、枝をすかせたり、切り戻したりしましょう。
切った枝葉は、せっかくなので利用しましょう。ドライハーブは湿度が高くカビが生えやすいので、トースターなどを活用して乾かします。
また、乾燥しづらい季節なので切った枝や茎の挿し木もおすすめです。挿す土は、慎重にやるのであればバーミキュライトがおすすめです。ルートンやメネデール等の発根促進剤もあります。しかし、私は「強いものだけ根付いて育て」という気持ちで余ったプランターや夏野菜の隙間にそのまま挿してしまいます。
参考情報: ラベンダーの収穫と切り戻し


DSC00907_6月のハーブビネガー作り_20070625.jpgもちろん、料理やハーブティー、ハーブバスにも使いましょう。
ただ、大量に使い切るのは難しいと思いますので、残ったハーブでハーブビネガーやハーブオイルを作りましょう。おしゃれな瓶もよいですが、手軽に楽しむ場合はドレッシングの空き瓶の再利用がそのまま使えて便利ですよ。
参考情報: ハーブビネガー作りました


各地方の梅雨入り、梅雨明けの情報は、関連情報の気象庁のページ等を参照ください。

【関連情報】
気象庁 | 平成21年の梅雨入りと梅雨明け(速報値)




「役に立った!」と思われた方は、ぜひクリックをお願いします。
にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ


ブログをお持ちの方、トラックバックで相互リンクしませんか?
この記事を参考に育てた野菜などの記事から、下記のURLへトラックバックしてください。
※この記事への参照リンクがない場合、トラックバックは反映されません。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kochan.com/mt/mt-tb.cgi/37

コメント(4)

ホオズキの件、ありがとうございました。

今後ともアドバイスのほどよろしくお願い致します。

yasai8313さん、コメントありがとうございます。
いつも珍しい野菜のお話楽しみにしてます。
こちらこそ、よろしくお願いします。

ベランダ菜園でこれらの野菜やハーブを栽培されてるんですか~。スゴイですね~。驚いてしまいました。特にゴーヤとかツル性のものあるので・・・。しかも写真が細かくていいですね~。ウチも爆発させて赤い種の周りを舐めてました。あれって甘いんですよね~。

ポコポコさん、コメントありがとうございます。
はい、ベランダで手当たり次第にこんなに野菜を育てちゃってますよ!
ゴーヤは畑に比べると収量は限られるのでしょうけど、それなりに育ってくれるので緑のカーテン兼収穫を楽しんでます。ゴーヤの種のまわりの赤いもの、甘いですよねー。

コメントする

このサイトについて

ベランダでの家庭菜園にオススメな野菜やハーブの種蒔きから収穫、開花、採種までを、まとめて写真付きで紹介していきます。

ぱっと見で育て方や家庭菜園の楽しさを感じていただけるようにするのが目標です。

我がベランダ菜園の最新情報はベランダ菜園BLOGで紹介しています。

このブログ記事について

このページは、Kochanが2012年6月 2日 00:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「唐辛子の育て方」です。

次のブログ記事は「再生ネギの育て方」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

最近のコメント



Powered by Movable Type 4.25