かぶの育て方

かぶの育て方

秋から春にかけてのベランダ菜園で最もおすすめと言ってもいいのが、かぶです。
根はあまり深くはらず地上でふくらみますので、小さくて浅いプランターでもよく育ちます。
また、かぶは葉もおいしいので小さいうちの間引き菜はサラダで楽しめますし、大きくなると浅漬けや炒め物も最高ですよ。


 

R0012079_かぶの本葉出る.jpgかぶは種まきしてたくさん育てましょう。

発芽率が大変よいので、直まきで大丈夫です。65cmプランターの場合、2列に筋蒔きします。
種まきして1週間ほどで発芽し、2~3週間ほどでこのようにかわいい本葉がでてきます。
虫がつきづらくとう立ちもしづらいので、関東であれば8月下旬から11月上旬が一番おすすめですが、春まきもできます。


R0013071_小かぶとはつかだいこんの生長.jpg季節によりますが、1ヶ月~3ヶ月ほどでこのように根元がふくらみ始めます。

倒れやすい場合は、この段階で土増しや土寄せをしてふらつかないようにしてあげましょう。


R0015597_小かぶ_20090314.jpg2ヶ月~4ヶ月ほどで、このように小さなかぶができ始めます。

隣り合うかぶが触れ合う前に、順次間引き収穫を始めましょう。


R0013714_小かぶ初収穫.jpg小さなうちのかぶは、縦半分に切るか薄く輪切りにしてサラダなどで食べるのがおすすめです。

葉っぱもサラダでおいしいですよ。


R0015596_小かぶ_20090314.jpgこの頃には、こんなに葉が青々と茂っています。

この葉がおいしいんですよ。


R0016767_小かぶ沢山とれた_20090419.jpg沢山作りたい場合は、浅めでよいので面積が広いプランターやトロ箱などで育てるとよいでしょう。

かぶは混みあっていてもよく育ってくれるので、ベランダ菜園でも結構な収穫が期待できますよ。


R0014561_本の小かぶのページ.jpgかぶを育てる方におすすめの本をご紹介します。

「かんたん!プランター菜園コツのコツ」です。

この表紙のかぶの写真に衝撃を受けて私も買いましたよ。


R0016623_小かぶの花芽_20090417.jpgさて、春にはこのような花芽があがってきます。

かぶを育てるうえではじゃまものですので、早く摘み取りましょう。
そして、この花芽もかなりおいしいんですよ。


R0016744_小かぶの花_20090419.jpg放っておくと、このような花が咲きます。

かわいらしい菜の花という感じですね。


生長の初期にはアオムシやアブラムシがつくことがありますので、見つけて取り除くか不織布等でカバーして守りましょう。
かぶは、少ない土の量で密集してても育ちますし、サラダに、浅漬けに、炒め物に、煮物にと大活躍します。
秋冬、そして春のベランダ菜園で外したくないおすすめ野菜ですよ。

楽天市場でかぶを探す...

【関連情報】
かぶ (タグ別アーカイブ) - Kochan's ベランダ菜園BLOG




「役に立った!」と思われた方は、ぜひクリックをお願いします。
にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ


ブログをお持ちの方、トラックバックで相互リンクしませんか?
この記事を参考に育てた野菜などの記事から、下記のURLへトラックバックしてください。
※この記事への参照リンクがない場合、トラックバックは反映されません。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kochan.com/mt/mt-tb.cgi/40

コメントする

このサイトについて

ベランダでの家庭菜園にオススメな野菜やハーブの種蒔きから収穫、開花、採種までを、まとめて写真付きで紹介していきます。

ぱっと見で育て方や家庭菜園の楽しさを感じていただけるようにするのが目標です。

我がベランダ菜園の最新情報はベランダ菜園BLOGで紹介しています。

このブログ記事について

このページは、Kochanが2009年9月19日 03:16に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ブロッコリーの育て方」です。

次のブログ記事は「エンドウの育て方」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。



Powered by Movable Type 4.25