ミニトマトの育て方

ミニトマトの育て方

夏の家庭菜園といえば、まずはミニトマトという感じですよね。

脇芽挿しで株を増やせますので、買う苗は1つだけでもよいでしょう。
もぎたてのミニトマトは甘くておいしいですよ。
味が濃厚なものが多いため、加熱しても楽しめますよ。


 

DSC03954_ミニトマトアイコの苗.jpgミニトマトは苗から育てるのがおすすめです。
収穫適期に間に合うように種まきするには、適切な温度管理等が必要です。

おすすめの品種は、サカタのタネのアイコやデルモンテのトゥインクルです。

こちらはアイコです。
細長いプラム型の果肉が厚く甘いミニトマトです。
加熱するとさらに味わいが増しますので、パスタにもよいですよ。


R0016778_ミニトマト苗_デルモンテトゥインクルミニ_20090419.jpgこちらはトゥインクルです。

小さめの実が房状になり、糖度はなんと10度にもなるそうですよ。
CMVワクチン接種苗とのことで、アブラムシ媒介のタバコモザイクウィルスに対する抵抗性が期待できるそうです。


R0016788_ミニトマト苗の植え付け_20090419.jpg植え付けのポイントです。

ミニトマトは生育期間も長く大きく育ちますので、9号鉢以上の深い鉢やプランターを使ってください。
私の場合は、行灯仕立てにして茎を低く丸く誘引していきながら育てています。


R0016789_ミニトマト苗の植え付け_20090419.jpg苗は斜めにして深く植えます。

子葉や最初の葉が地中に埋まるほどに植えます。
こうすると土の中の茎からも根が生え、強い株になるそうです。


R0025099_ミニトマトの脇芽_20100516.jpg苗が育つと葉の根元に脇芽が出てきますので、脇芽摘みをします。



DSC04554_ミニトマトアイコの脇芽を挿し芽.jpgつんだ脇芽は、このように適当に土に挿しておくと発根して新しい苗になりますよ。

色んな仕立て方がありますが、私は「コンテナで野菜づくり ベランダ、テラス、窓辺で育てる」という本で紹介されているベランダ菜園向きの「2花房摘芯3段仕立て」を基本に育てています。放置していても、ミニトマトは結構育って実ってくれます。


DSC04925_ミニトマトの2段目の花毛だらけ.jpgミニトマトの花芽はこんな感じです。

元気なミニトマトの茎やつぼみには、びっしりと毛が生えています。


DSC06292_トマトの花にミツバチ.jpgそして、こんな花が咲きます。

おしべが丸く円錐状につながっていて、その先の穴から少しだけめしべが顔を出します。

蜂などの虫や、風などの振動により受粉します。
虫がいなければ、軽く枝をたたいて揺らしてあげるくらいでも大丈夫です。


DSC04923_ミニトマトアイコが実り始める.jpg受粉した花のあとに、このように緑の実がふくらみ始めます。

十分な気温と日照時間があって赤く色づきますので、なるべく長く日が当たる場所に置きましょう。


DSC06701_ミニトマトアイコ豊作.jpg沢山の実にトマトが赤く色づくと、こんなにきれいですよ!

見ているだけでも、なんだかうきうきとしてしまいますよね。


普通サイズのトマトに比べると、ミニトマトは生命力が強いのか害虫や病気の害も少ないですが、タバコガの幼虫が花や実に穴を開けてしまうことがあります。残念ながら、穴の開いた実を捨てるしかないです。

色づいたものから少しずつでもどんどん収穫できますので、日々の食卓やお弁当の彩りにも便利ですよ。

ぜひ育ててみてください!

楽天市場でミニトマトを探す...

【最新情報】
ミニトマト栽培 (カテゴリ別アーカイブ) - Kochan's ベランダ菜園BLOG




「役に立った!」と思われた方は、ぜひクリックをお願いします。
にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ


ブログをお持ちの方、トラックバックで相互リンクしませんか?
この記事を参考に育てた野菜などの記事から、下記のURLへトラックバックしてください。
※この記事への参照リンクがない場合、トラックバックは反映されません。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kochan.com/mt/mt-tb.cgi/18

コメント(16)

こんにちは。

今年初めてベランダ菜園を始めました。
こちらは写真付でとても分かりやすいので助かります。

初心者なのに ミニトマト ナス 枝豆 ルッコラ コマツナ レッドウェーブ
こんなに育て始めちゃいました。

また訪問させて頂きますね。

うのちゃんさん、コメントありがとうございます。
沢山の野菜にチャレンジされてますね。うちのサイトが参考になればさいわいです。
うまく育ってくれて、沢山収穫できたらよいですね。

アイコも加熱処理しても美味しいのですか??
何となくアイコはそのまま食べるイメージがあったので(o^∇^o)
沢山取れたらミートソースなど作ってみたいです!
でも、半端なく大量にアイコ必要ですよね 汗。

にっこ☆さん、コメントありがとうございます。
アイコは加熱するとうまみと甘みがまして、美味しさ倍増ですよ!
手軽に試してみるなら、半分に切って軽く炒めてパスタとあえてみてください。
また、ゼリー状の部分や水分が少ないのでドライトマトにもできますよ。

こんばんは

ミニトマトまだ実がついていますか?
赤くキレイに色付いてていますね。

わたしのところのミニトマトはこのところの気温のセイかミドリのままで赤くなりません。

ringoさん、コメントありがとうございます。
うちのミニトマトは、既に撤収しました。
まだ実をつけている元気な木もあるでしょうが、実が赤くなるにはある程度の気温や日照時間が必要なのでこれからさきは2ヶ月以上はかかると思いますよ。ただ生産性の効率を重視すればあきらめるべきでも、家庭菜園ですからあたたかく見守るのもいいですよね。
実は、うちも以前そのままにして見守ってみたことがあります。気候によると思いますが、2月から3月にようやく赤くなった実もありましたよ。冬場で食料が少なくなったためか、ヒヨドリなどの鳥が狙ってました。

ミニトマト私も育てました!
苗からだったのですが・・・・土が悪いせいか・・
全然成長しなくて(>3<)
肥料のまき方、手入れの仕方が全くわからなかったけどこれだととても
分かりやすいですね!
毎回活用させてもらってます★ありがとうございます

菜園大好き★さん、コメントありがとうございます。
苗の調子が悪かったんでしょうかね。残念でしたね。
今年は成功するといいですね。

はじめまして。
ミニトマトとバジルの育て方を調べていたら辿り着きました。
とてもわかりやすいのでこれからも参考にさせていただきます。

まささん、コメントありがとうございます。
これまでに野菜を育てた経緯を写真でまとめて紹介しています。
お役に立てたらうれしいです。
家庭菜園にとって今年は大変な年ですが、お互いうまく育って沢山収穫できるといいですね。

こんにちは。
画像を交えた丁寧なご解説で、とても参考になりました。
近所には苗が売っていなかったので、種から育てたのですが、
結構大きく育つのですね。初めてだったのでビックリでした。^^;

その後は今年の猛暑の影響でしょうか、
下のほうの葉だけが枯れてしまいましたが、
来年もまた、育ててみようかと思います。^^
有難うございました!

うえ@植物好きさん、コメントありがとうございます。
はじめての栽培のお役に立てたようで、うれしいです。
ミニトマトは生命力が強く結構大きく育ちますよね。
でも、真夏は生長が進むことと暑さで下葉が枯れるのは自然な現象です。
来年もぜひ育てて楽しんでくださいね。

とてもわかりやすい解説ありがとうございます!
脇芽から発根するんですね~~~。
知りませんでした。 いくつか捨ててしまいました・・・・・・。残念!

まだまだ脇芽は付くと思いますので、やってみます!

一点集中力さん、コメントありがとうございます。
ミニトマトはとっても強い植物です。1本の苗の脇芽から何株でも増やす事ができますよ!ぜひ試してみてくださいね。

「ベランダでミニトマトを!」と思いこちらにお邪魔しました!
いろいろな野菜の育て方を見ていたら、種類を増やしたくなりました(^^)
ずぼら性格なのでトマトが順調に成長してから、葉物に挑戦したいと思います!
また参考にさせてください♪

コメントする

このサイトについて

ベランダでの家庭菜園にオススメな野菜やハーブの種蒔きから収穫、開花、採種までを、まとめて写真付きで紹介していきます。

ぱっと見で育て方や家庭菜園の楽しさを感じていただけるようにするのが目標です。

我がベランダ菜園の最新情報はベランダ菜園BLOGで紹介しています。

このブログ記事について

このページは、Kochanが2009年4月21日 21:21に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「バジルの育て方」です。

次のブログ記事は「ナスの育て方」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

最近のコメント



Powered by Movable Type 4.25