緑のカーテン! ゴーヤの育て方

緑のカーテン! ゴーヤの育て方

夏といえば、ゴーヤーですよね!
つる性で大きく育つので大きめのプランターやネット等の準備が必要ですが、暑さにも、病気や害虫にも強いため日当たりがよければどんどん生長して実ってくれますよ。
緑のカーテンとして、光熱費節約にも有効ですよね。


 

DSC03158_トロ箱の簡易温室.jpg初めての方には、苗から育てるのがおすすめです。
5月~6月早めに苗を植え付ければ、7月からの収穫も可能です。
種まきして育てる場合は、4月~5月に加温して発芽させる等の工夫が必要です。写真は、我が家で試したトロ箱の簡易温室です。
ゴーヤの発芽適温はなんと25度~30度で、室外で普通に種まきして育つ時期だと収穫が出遅れてしまう可能性が高いですよ。


R0016149_ゴーヤとキュウリのプランター準備_20090401.jpgあらかじめプランターを準備しておきましょう。
我が家では、大きめのプランターにラティスと支柱とネットとを組み合わせて使っています。
参考記事: ゴーヤとキュウリの植え付け準備 ラティス設置
もっと手軽に始めたい方には、ラティス付のプランターもありますよ。私も最初に育てた時はそれを購入して使いました。
最近は、突っ張り棒を利用したグリーンカーテンセットもありベランダでは便利ですよ。

楽天市場でラティス付きプランターを探す...
突っ張りグリーンカーテンGCT-275グリーン G101750-アイリスプラザ



DSC03080_ゴーヤと胡瓜の種蒔き準備_ゴーヤの種.jpgゴーヤの種です。

右側の少しとがった部分から根が出ます。
そのままだと殻が固く給水や発根がしづらいため、ハサミやペンチ等であらかじめ割っておくとよいです。


DSC03082_ゴーヤと胡瓜の種蒔き準備_ゴーヤの種の先を割った物.jpgこのように、中に根のもとがあります。

この作業は必須ではありません。
温度などの条件が揃っていれば発芽してくれますので、そんなに気にしなくても結構です。


R0016738_ゴーヤの発芽種を植え付け_20090419.jpgこのように発芽してきます。

ゴーヤの種の殻がぱかっと割れて、中から種と同じ大きさの双葉が出てきて開きます。


R0017292_ゴーヤの本葉_20090504.jpg双葉の次に、本葉ではなく初生葉が生えます。

ゴーヤーの初生葉には、本葉の特徴である深い切れ込みが入っていません。
ゴーヤーは双葉の次に初生葉が(向かい合って)対生し、そのあとに本葉が(交互に)互生します。



DSC05264_ゴーヤの矮性株_20080528.jpgこちらが、初生葉の後に本葉が出始めたゴーヤです。



R0024797_ゴーヤ脇芽_20100505.jpgゴーヤの脇芽の子づるは、初生葉にはつかず、その後に出る本葉の付け根からつきはじめます。

摘芯の際に本葉を数える場合は、初生葉を含めず数えます。



DSC05491_ゴーヤ.jpg本葉が5枚ほどになったら、先端の成長点を摘芯します。

ゴーヤは子ヅル、孫ツルにより花芽がつきますのでこの作業を怠らないようにしましょう。
品種によって仕立て方が異なる場合もありますので、説明書きやメーカーのサイトで確認しましょう。


DSC05693_ゴーヤの雄花開花.jpgこちらが、ゴーヤの雄花です。

ゴーヤは同じ株におばな、めばなが別々に咲きます。
雄花が先に咲くことが多いですが、しばらくすれば雌花も咲きますので気にせず待ちましょう。
うまく特性の違う2品種を混ぜて植えておくと、早く雌雄が出揃い実りも早い場合もあります


DSC05655_ゴーヤの雌花.jpgこちらが、ゴーヤの雌花です。

雄花の芯のオシベは黄色、雌花の芯のメシベは黄緑色です。
また、雌花の根元には最初からいずれ実になるミニゴーヤみたいなものがついてますよ。
雄花は咲いてすぐあっけなくポロっと落ちてしまいますが、雌花は受粉を待ってしばらく咲き続けます。
確実に実らせる為に、人工授粉をおすすめします。雄花のおしべでトントンと雌花のめしべをなでて花粉を付けておきましょう。


DSC05692_ゴーヤの幼果膨らむか.jpg雌花が咲き終わりうまく受粉ができていれば、こんな幼果がふくらみ始めます。



9ffc906a_ゴーヤ収穫.jpgそして、こんな感じに大きくなります。

ゴーヤは若採りが基本です。
品種によりますが、市販品より小さめの20cmくらいでもよいのでどんどん収穫しましょう。
実を大きくして熟させることよりも新しい実をつける為にエネルギーを使ってもらいましょう。
その方が、結果的に収量が多くなりますよ。


DSC06495_ゴーヤ収穫2.jpgとれたてのゴーヤは緑が濃く、イボイボもしっかりしています。

おいしそうですねー。
これを見るだけでビールが飲みたくなります。


DSC06501_ゴーヤを半分に切る.jpg半分に切るとこんな感じです。

食べ頃の若いゴーヤは、中の綿がしっかりしていて種も未成熟でまだ殻も柔らかく中は透明です。
綿と種を取り出して、お好みで調理しましょう。
実はこのくらい若いと、綿も種もとらずに輪切りにしてそのままてんぷらにしても美味しかったりしますよ。


R0010968_ゴーヤ終わり.jpg少し熟しかけたゴーヤです。

色が濃い緑からだんだん薄くなり、イボとイボの間から黄緑色になってきます。
果肉もやわらかくなってきますので、食感的にもなるべく早くとって食べる事をおすすめします。
また、これは10月頃の実なのですが、季節が進むとだんだん小さいままでも熟すようになってきます。色の変化を見逃さないようにしましょう。
植物として、次世代を残そうと必死なんでしょうね。


R0010962_ゴーヤ終わり.jpg割るとこんな風になってます。

すごい色でしょう?
綿はなくなり、種は真っ赤なビロードのようなものに包まれています。
実はこの赤い部分はとても甘いのですよ!


R0010970_ゴーヤ採種.jpgこのくらい熟していれば、種もある程度成熟しているので採種が可能です。

赤いビロウドを洗って取り除き、乾かして保存しましょう。


cd128ab9_ゴーヤ完熟蛍光オレンジ.jpgちなみに、もっと放っておくとこんな蛍光オレンジ色になります。

すごい色ですよね。
こうなると食感もぶにょぶにょで味も苦甘い変な感じになってしまいます。


8c2b2ea5_ゴーヤ完熟爆発.jpgそして、最後はこうなります。

爆発です!
完熟した種をこうやって放出するのです。

目立たぬ色と苦味で未熟な種は守り
熟せば鮮やかな蛍光色に変化し大きく開いて新しい命の種を解き放ち
それを包む深紅のビロードと甘美な香りで鳥を誘う

なんて、すばらしい戦略ですね。


ゴーヤは九州や沖縄で育てられてきた野菜なので、暑さには非常に強いです。
病気もあまりなく害虫もほとんどつかないので、最初の準備は少し手間がかかりますが育て始めてしまえばあとは楽ですよ。
ぜひ、ゴーヤを育てて暑い夏を乗り切りましょう。

楽天市場でゴーヤを探す...

R0019094_ゴーヤの天ぷら_20090710.jpg「ゴーヤの食べ方」なら、こちらの記事をご覧ください!

ゴーヤの食べ方 - ベランダ菜園のすすめ

【最新情報】
ゴーヤ栽培 (カテゴリ別アーカイブ) - Kochan's ベランダ菜園BLOG

 突っ張りグリーンカーテン GCT-275□□[ガーデニング/ベランダ菜園/家庭菜園/園芸/庭/ベラ...
一部商品P10倍&税抜3,000円以上送料無料!5/7(月)am9:59まで簡単突っ張りグリーンカーテンセット
◎グリーンカーテン 栽培セット(ゴーヤ苗・1ポットつき)




「役に立った!」と思われた方は、ぜひクリックをお願いします。
にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ


ブログをお持ちの方、トラックバックで相互リンクしませんか?
この記事を参考に育てた野菜などの記事から、下記のURLへトラックバックしてください。
※この記事への参照リンクがない場合、トラックバックは反映されません。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kochan.com/mt/mt-tb.cgi/19

コメント(10)

すごいですね!
何でもちゃんと育っていて!
私も去年からベランダ栽培始めたのですが、ゴーヤはすごく小さい実しかならず、キュウリは黄色いブツブツが発生して1つも収穫できませんでした(>_<)
今年も苗を植えたのですが、どちらも元気がないです。。。
みなさまのブログを見て勉強中です。
とってもためになりました。ありがとうございます。

すごく分かりやすく説明してあるのでよくわかりました。
私は去年、ゴーヤを初めて種から育てました。
でも、ほっといても受粉してくれるのかと思っていて待ってたら雌花が枯れてしまったり、して2、3本しか収穫できませんでした。
なので今年は見習ってちょっと時間を掛けて育ててみようと思います。
ありがとうございました

あずささん、コメントありがとうございます。
生長が旺盛なゴーヤは、やはり土の量が十分あることが大事に思います。
大きめのプランターで再チャレンジしてみてください。
今年は天候不順が続いていますが、早く温かくなってゴーヤが順調に育つようになるといいのですが...。

匿名さん、コメントありがとうございます。
確かに、ゴーヤは自然に任せていると受粉しづらい野菜だと思います。
特に、十分に虫たちが活動できない時期は人工授粉するのが確実だと思いますよ。できれば毎朝、ゴーヤの様子を見に行って、雌花があれば受粉してあげてください。

はじめまして!
ゴーヤ栽培1年生です。
なので今回は苗から育てようと思い、今日苗を6個買ってきました。
そこで、あずささんに教えていただきたいのですが、土はどんなものを使ったらいいのでしょうか?
プランターに小石を敷いて、いきなり腐葉土でいいのでしょうか?
ちょっと時季をはずしてしまったようですが、なんとか育ててみたいと思います。
宜しくお願いいたします。

はるちゃんさん、コメントありがとうございます。
あずささんって誰...?? って思いましたが、この記事に最初にコメントをくれた方のお名前ですね。
腐葉土だけでは野菜は育ちませんので、初心者の方でしたら園芸店やホームセンターで販売されている野菜用の園芸土を使う事をおすすめします。
自分で土を配合する場合は、赤玉土と腐葉土を中心に色んなブレンドがありますよ。うまく育つといいですね。

返信ありがとうございました。
お礼が遅くなってごめんなさい。
また、お名前が間違えていましたね。重ね重ね申し訳ありませんでした。
アドバイスを頂いたように、野菜用の土で育てています。
お蔭様で、ゴーヤはどんどん育って、花も咲きました。
でも、大きくはならず、雌花が咲いていません。
色々調べると、始めは雄花しか咲かないということなので、気長に待ちたいと思います。
マンションの3階のベランダで育てているのですが、今朝、かわいいお客さんが来ていました。
写真に撮れなかったのですが、蜂のようでした。
今後、雌花が咲いたら、受粉に協力してくれるといいなと思っています。

はるちゃんさん、コメントありがとうございます。
品種によるんですが、ゴーヤは最初は雄花しか咲かない事も多いのでもうしばらく見守ってあげてください。
雌花が咲き始めたら、虫達が来なければ毎朝自分で受粉してあげた方が確実ですが、ミツバチやハナバチなどが来てくれたんですか? うれしいですね。
はるさんのゴーヤがうまく雌花が咲き実ってくれる事を祈ってます。
ちなみに、我が家のゴーヤは今年はかなり調子悪いです。春からの天候不順のせいでしょうね...。

こんにちは!初めてメールをさせていただきます。我が家の小さなベランダにゴーヤが1本づつ3鉢あります。それぞれ1個づつ収穫しましたが、それ以後小さな雌花が付く事が多くなりました。1本で何個ぐらい収穫が出来るのか?肥料はどの位あげたら良いか?教えて下さい。(鉢は直径30cm)

ノリp-さん、コメントありがとうございます。
プランター栽培では、1株あたり10本程度とれれば成功という感じです。
畑だと、もっともっと採れるみたいですけどね。
深さにもよりますが、10号鉢だと1株あたりの土が少ない気がします。
我が家では、幅70x奥行き40x高さ20cm(土の深さ)のプランターなので土が50リッター以上で2株育てています。
今年は異常気象で、ゴーヤに限らず野菜のできはいまいちでしたね。
これからどんどん冷え込みますので、早めに撤収し秋冬野菜を育て始めることをおすすめします。

Kochan様、早速のお返事ありがとう御座います。今、小さいながら実が6個付いています。初めてのゴーヤですので、まずまずと言った所ですね。次は何にしようか?楽しみです!困った時は又、よろしくお願いします。

コメントする

このサイトについて

ベランダでの家庭菜園にオススメな野菜やハーブの種蒔きから収穫、開花、採種までを、まとめて写真付きで紹介していきます。

ぱっと見で育て方や家庭菜園の楽しさを感じていただけるようにするのが目標です。

我がベランダ菜園の最新情報はベランダ菜園BLOGで紹介しています。

このブログ記事について

このページは、Kochanが2009年5月 6日 23:10に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「シシトウ等 甘唐辛子の育て方」です。

次のブログ記事は「ベランダ菜園の夏対策 自動水やりセット」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

最近のコメント



Powered by Movable Type 4.25